栄養士監修、青汁や青汁を使ったレシピまでいろんな情報をお届け!

混ぜるだけの簡単スイーツ黒豆の和トリュフボール

黒豆は大豆の品種です。黒い皮には抗酸化成分のアントシアニンという色素が含まれています。
アントシアニンは、ブルーベリー、紫キャベツ、赤しそ、赤ワインなどに含まれる赤紫色の色素です。
ちなみに、黒い黒豆の煮汁に酢を加えるときれいな紫色に変化します。

アントシアニンには複数の種類があって、その中でも特に効果が期待できるのがシアニジン-3-グルコシドと呼ばれる成分です。
目に良いと言われているサプリメントに配合されています。
黒豆にはこのシアニジン-3-グルコシドが多く含まれていることが知られています。
黒豆はお正月料理のイメージですが、ぜひ日常的に召し上がっていただきたい食材です。

ご紹介するのは、市販の黒豆煮を使った和スイーツ。黒豆煮の甘味を生かしました。
抹茶のかわりに「豆乳とおからのうみゃあ青汁」を使って優しい色合いに。
カフェインも含まれていないので、お子様にもオススメの混ぜるだけの簡単スイーツです。

材料(約8個分)

A)
◇市販のカステラ・・・・ 3切れ(約90g)
◇アーモンドプードル(アーモンドの粉)・・・・ 大さじ1杯
◇生クリーム・・・・大さじ1杯
◇市販の黒豆煮・・・・20g(約20~25粒)
豆乳とおからのうみゃあ青汁・・・・1/2袋
◇ラム酒・・・・小さじ1/2杯
※ラム酒はお好みで入れてください。お子様にはラム酒は使用しないでください
B)
◇きなこ・・・・小さじ2杯
豆乳とおからのうみゃあ青汁・・・・1/2袋
C)
◇ココア・・・・小さじ1杯(2g)

【1粒当たりの栄養成分】

・エネルギー・・・・58 kcal
・たんぱく質・・・・1.5g
・脂質・・・・2.1g
・炭水化物・・・・8.8g
・食物繊維総量・・0.6g
・糖質・・8.2g
・塩分・・・・0g

栄養計算は日本食品標準成分表2015年版(七訂)をもとに算出した目安量です。材料の収穫時期、メーカーの違いなどにより、数値にばらつきがあります。

MEMO

余ってしまったカステラでも美味しく出来ます。青大豆のきなこを使用すると緑色が鮮やかになります

【監 修】

■フードディレクター・栄養士
藤原たかこ先生
オーガニック・健康食品会社にて商品企画開発・販売促進、料理教室を担当すると共にパン、デリカテッセンの商品開発、マクロビオティック、アンチエイジングレシピをユーザー向けに提供。コラム執筆、女性の美と健康をサポートするためのレシピ商品を使ったレシピなどを、雑誌・WEBマガジンに提供するなど活躍中。著書「"効く"レシピ」。

 関連記事一覧 AND MORE