栄養士監修、青汁や青汁を使ったレシピまでいろんな情報をお届け!

2月3日。節分、豆まき、恵方巻

早いもので、2018年も1ケ月が過ぎました。
2月は、暦の上では春が始まる時期です。
記録的な寒さが続いていますが、フラワーショップで春の花を見かけると、まだ遠い春を待ちわびる気持ちになります。

2月3日は節分です。
実は、節分は年に4回あります。ご存知ですか?
節目である、立春、立夏、立秋、立冬の前日が節分です。
また、旧暦でいうと、2月4日の立春からが新年になります。
つまり、2月3日の節分は、節目(新しい季節の始まり)の日となります。
神社では節分祭・豆まき神事が行われます。

みなさんは、豆まきをしますか?
「鬼は外、福は内」の声もあまり聞くことがなくなりました。近頃は、豆まきよりも恵方巻が優勢のような気がします。
節分イコール恵方巻を食べる日のようになっていますが、豆まきは、旧暦の大晦日にあたる日の大切な行事です。
節分の日に行なう豆まきには、節目に生じる邪気=鬼に豆をぶつけることにより、邪気や災難を追い払い、一年の無病息災、長寿を願うという意味合いがあります。

なぜ大豆をまく?精霊が宿る「大豆」

なぜ節分に豆をまくのか?丸い大豆の呪力
節分に福豆で邪気を払うのは「魔滅(まめ)」の語呂合わせといわれますが、根底には天道思想、すなわち、太陽を思わせる丸い豆が備える霊力への崇拝があるのでしょう。
節分の豆まきのほか、大豆の茎や葉の灰を悪霊が来そうなところにまいたり、いろりの灰で焼いた大豆で天候を占ったり、その霊力にたのむ儀式が各地にあります。
特集1 大豆(4)農林水産省より

いり豆は「鬼を射る豆」の意味もあります。
いった大豆を使うのは、生の大豆を巻いた後、芽が出ることは縁起が悪いとされているからです。

2018年。恵方巻の方角は南南東です

節分の日の夜。恵方に向かって、巻寿司を無言で1本食べるのが恵方巻のルールです。
関西地方が発祥で、全国規模になっています。
恵方は毎年変わります。2018年は南南東です。
恵方は、歳徳神(としとくじん)がいらっしゃる場所とされています。歳徳神は、陰陽道において、その年の福徳をつかさどる神様です。
また、節分に食べるものとして、あまり聞いたことがないかも知れませんが、「節分そば」があります。
昔は、旧暦の大晦日にあたる2月3日に食べるそばが、年越しそばと呼ばれていました。

豆まきが終わったら、年齢プラス1つの豆を

豆巻きが終わった後は、年齢プラス1粒の豆を食べます。
なぜ、プラス1粒かと言うと、数え年だからです。
つまり、生まれた日を1歳として数えているから、年齢プラス1粒になります。
豆は喉に詰まりやすいので、小さいお子様やお年寄りがいらっしゃるご家庭は、ご注意ください。

『豆・ナッツ類は、喉に詰まりやすいので気を付けて!』
豆・ナッツ類は、窒息の危険があるだけでなく、小さな破片でも気道に入ったまま放置していると、気管支炎や肺炎を起こすこともあります。
節分で豆まきをすることがあると思いますが、親の目の届かないところで子供が豆に近づかないよう注意し、後片付けも徹底しましょう。
また、3歳頃までは、乾いた豆・ナッツ類は食べさせないようにしましょう。
Vol.325 子ども安全メール from 消費者庁より

いり大豆の栄養成分

いり大豆30粒あたりの主な栄養成分を表にしてみました。
※大豆の種類によって、重さは異なります。
水分がほとんど含まれていないので、たんぱく質が高い割合を占めています。
糖質量は低いので、糖質をコントロールしている方にも安心して召し上がれます。
また、ビタミン、ミネラルもしっかり含まれています。
固く、咀嚼感があるので、満足できる間食としてもオススメです。よく噛んで召し上がってください。

豆まきの「いり大豆」が余ったとき

歳の数プラス1粒食べるのが、節分の風習ですが、いり大豆が中途半端に残ったり、年齢を重ねると、そのまま食べるのは大変だったりしませんか?
節分の炒り大豆を使った、簡単レシピをご紹介します。

『大豆とじゃこの炒め物』

炒り大豆は、だいたい1/3袋。40g使いました。
耐熱容器に、いり大豆を入れ、ひたひたの熱湯を加えます。
ラップをし、電子レンジで約2分30秒加熱します。
すぐに、ふやけた状態になります。

大豆をザルあげします。ここで汁は捨ててしまわないように!
残った汁は「福茶」です。
福茶は、無病息災、長寿を願って、飲むお茶です。節分の豆が苦手な方は、ぜひ福茶を召し上がってください。
節分には、いり大豆のかわりに、福茶を飲む風習もあります。
大豆の香ばしい香りがするお茶です。梅干し、塩昆布などを加えても美味しく召し上がれます。

フライパンに胡麻油を敷きます。
大豆を炒めます。小口切りにした小ねぎ2本、ちりめんじゃこを加えて炒め、めんつゆ少々、赤唐辛子(お好みで)で味付けします。

めんつゆのかわりに、オイスターソースを使うと、
中華風の味付けになります。

【監 修】

■フードディレクター・栄養士
藤原たかこ先生
オーガニック・健康食品会社にて商品企画開発・販売促進、料理教室を担当すると共にパン、デリカテッセンの商品開発、マクロビオティック、アンチエイジングレシピをユーザー向けに提供。コラム執筆、女性の美と健康をサポートするためのレシピ商品を使ったレシピなどを、雑誌・WEBマガジンに提供するなど活躍中。著書「"効く"レシピ」。

 関連記事一覧 AND MORE