栄養士監修、青汁や青汁を使ったレシピまでいろんな情報をお届け!

3月 豆乳とおからのうみゃあ青汁のアレンジレシピ

■3月のフルーツ青汁は「手作りいよかんジュレ&豆乳とおからのうみゃあ青汁」

酸味が少なく甘みが強い、いよかんは今が旬の柑橘フルーツ。
いよかんの果肉を使った手づくりジュレを作り、豆乳とおからのうみゃあ青汁を合わせたモーニングドリンクです。
ジュレは前日に作っておいて、冷蔵庫で固めておけば、時間がない朝でも簡単に作れます。
今回は、じょうのう(果肉のまわりの白い皮の部分)を除いていますが、房ごとそのままミキサーにかけると、食物繊維がしっかり摂れます。

材料 1人分

◇いよかん・・・1個
◇ゼラチン・・・3g
◇水・・・大さじ1杯
◇はちみつ・・・大さじ1杯
豆乳とおからのうみゃあ青汁・・・1袋
1.水でゼラチンをふやかした後、湯煎で溶かします。
※耐熱容器に、水を入れゼラチンをふやかし、電子レンジで約20秒~30秒加熱して溶かしてもOKです。
2.いよかんは、皮をむき、実をほぐします。
ミキサーで攪拌した後、計量カップで計ります。今回は200ccのレシピです。
※200ccに満たない場合は、水を足します。
鍋に入れて、沸騰寸前まで加熱します。火を止めた後、1のゼラチンとはちみつを入れて溶かします。
容器に入れて冷ました後、冷蔵庫で固めます。
※固まったジュレは崩すので、ボールなどで大丈夫です。
3.固まった2をフォークなどで崩し、グラスに入れます。
上から、水で溶いた豆乳とおからのうみゃあ青汁を注ぎます。

栄養成分値

・エネルギー・・・119kcal
・たんぱく質・・・4.3g
・脂質・・・0.3g
・炭水化物 ・・・28.0g
食物繊維総量・・・2.5g
糖質 ・・・25.6g
・塩分・・・0g

栄養計算は日本食品標準成分表2015年版(七訂)をもとに算出した目安量です。
材料の収穫時期、メーカーの違いなどにより、数値にばらつきがあります。

■春の香りに包まれる、豆乳とおからのうみゃあ青汁の桜ラテ

料理に使用する「桜の花の塩漬け」は、使用する機会が、ほとんどない食材ですが、桜の季節にはぜひ、いつものドリンクにプラスしてみませんか?
桜の花に含まれている、桜の花エキスは、今注目の美容成分です。
年齢と共に気になる糖化による「黄ぐすみ」を抑えてくれる効果が期待され、サプリメントや化粧品にも使用されています。

材料 1人分

◇牛乳・・・150cc
豆乳とおからのうみゃあ青汁・・・1袋
◇桜花の塩漬け・・・1つ
◇いちごジャム・・・10g
◇ホイップクリーム・・・ティースプーン2杯分

1.桜花の塩漬けは、軽く洗い、余分な塩を取ります。
2.ホイップクリームにいちごジャムを混ぜます。
3.鍋に牛乳を入れ、1の桜花を入れてあたためます。沸騰寸前に火を止めて、豆乳とおからのうみゃあ青汁を加えてよく混ぜ、カップに注ぎます。上に、2をのせます。※写真は、細かい桜花の塩漬けをトッピングしました。

栄養成分値

・エネルギー・・・208kcal
・たんぱく質・・・5.7g
・脂質・・・13.9g
・炭水化物 ・・・14.9g
食物繊維総量・・・0.9g
糖質 ・・・14.0g
・塩分・・・0.2g

栄養計算は日本食品標準成分表2015年版(七訂)をもとに算出した目安量です。
材料の収穫時期、メーカーの違いなどにより、数値にばらつきがあります。

■豆乳とおからのうみゃあ青汁のマッシュルームスープ

マッシュルームと豆乳をベースに、豆乳とおからのうみゃあ青汁を加えた若葉色のスープです。
マッシュルームと相性が良い大葉を加え、爽やかさをプラスしました。
マッシュルームは、低カロリーで食物繊維、ビタミンB群が含まれているヘルシー食材。細かく刻むことで栄養を効率良く摂取することができます。
マッシュルームのかわりに、しいたけやマイタケても美味しく仕上がります。

材料 1人分

◇マッシュルーム・・・2個
◇顆粒コンソメ・・・1/2袋
◇大葉・・・2枚
◇豆乳・・・200cc
豆乳とおからのうみゃあ青汁・・・1袋
◇塩、こしょう・・・少々
1.耐熱容器に、マッシュルームのみじん切り、顆粒コンソメを入れてよく混ぜます。
ラップをして、電子レンジで約30秒加熱します。
2.ミキサーにあたためた豆乳、1、大葉、豆乳とおからのうみゃあ青汁を入れてよく攪拌します。塩、こしょうで味つを調え、器に注ぎます。

栄養成分値

・エネルギー・・・109kcal
・たんぱく質・・・8.3g
・脂質・・・4.3g
・炭水化物 ・・・9.9g
・食物繊維総量・・・1.7g
・糖質 ・・・8.2g
・塩分・・・0.9g

栄養計算は日本食品標準成分表2015年版(七訂)をもとに算出した目安量です。
材料の収穫時期、メーカーの違いなどにより、数値にばらつきがあります。

【監 修】

■フードディレクター・栄養士
藤原たかこ先生
オーガニック・健康食品会社にて商品企画開発・販売促進、料理教室を担当すると共にパン、デリカテッセンの商品開発、マクロビオティック、アンチエイジングレシピをユーザー向けに提供。コラム執筆、女性の美と健康をサポートするためのレシピ商品を使ったレシピなどを、雑誌・WEBマガジンに提供するなど活躍中。著書「"効く"レシピ」。

 関連記事一覧 AND MORE