栄養士監修、青汁や青汁を使ったレシピまでいろんな情報をお届け!

5月29日は「こんにゃくの日」です

5月29日は「こんにゃくの日」です。こんにゃくの種芋(いも)の植えつけが5月に行われることと、「こん(5)にゃ(2)く(9)」の語呂合わせで、
平成元年(1989年)に、全国こんにゃく協同組合連合会によって定められました。
こんにゃくは、安永5年(1776年)、水戸藩の中島藤右衛門(なかじま とうえもん)(1745-1825)がこんにゃくいもを粉状にすることを考案することをきっかけに、庶民に広まりました。日常的に食卓に上る食材として広く親しまれているこんにゃくですが、それ以前は上流階級だけが口にする高級食材だったようです。
農林水産省の統計によると、こんにゃくの原料となるこんにゃくいもの平成24年収穫量の1位は群馬県で年間6万1,700トンです。
これは2位の栃木県の2,010トンを大きく引き離しており、こんにゃくいもの国内生産の約9割を群馬県だけで担っています。
総務省 統計局 今日は何の日より

◇こんにゃくはお腹のお掃除役

こんにゃくは、昔から「お腹のお掃除役」と言われてきました。
カロリーがとても低いので、ダイエット中の食材として、よく使われます。
日本食には、欠かせない食材の「こんにゃく」ですが、
こんにゃくを食べる食履歴のある国は、アジア以外にはほとんどありません。
台湾へ行った際に、こんにゃくの原料のこんにゃく芋を「魔芋」と呼んでいました。
確かに、こんにゃく芋には、シュウ酸カルシウムという劇物が含まれているので、生のまま、こんにゃく芋を食べるのは、とても危険です。

「こんにゃくの特徴」
・約97%が水分です。
・カロリーは、100g当たり5キロカロリー(板こんにゃく・精粉こんにゃく)
・グルコマンナンという食物繊維が含まれています。
・グルコマンナンは、胃で膨らむ性質があるので、食べ過ぎを防ぐことが出来ます。
・こんにゃくは、咀嚼感があります。よく噛むことで満腹感が得られます。
・グルコマンナンは、水溶性食物繊維ですが、こんにゃくへ加工される際に、不溶性食物繊維に変化します。
・食物繊維は、消化されずに排泄される栄養素ですが、大切な成分です。体にとって様々な働きをしてくれます。トクホ(特定保健用食品)の中でも 「お腹の調子を整える食品」として食物繊維が役立っています。

◇食物繊維の種類~食物繊維は、不溶性と水溶性の2種類があります。

・水溶性食物繊維
ネバネバ、サラサラした食物繊維です。水に溶けてプルプルとしたゼリー状になる繊維です。おなかの調子を整え、炭水化物(糖質)の消化・吸収を緩やかにする働きがあります。

・不溶性食物繊維
ザラザラ、ボソボソした筋状の長いしっかりとした繊維です。よく噛む必要があるため食べ過ぎを防ぐことができます。
水分を吸収し大きく膨らむことで、便の量が増え、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動が活発になり、便通が促進されます。

◇こんにゃく料理のメリットとデメリット

こんにゃくを料理の食材に使うことで、カロリーを抑えることができます。
但し、ダイエットに良いからと、こんにゃくばかりを使用すると、栄養不足、カロリー不足になります。
ダイエットは、こんにゃくなどの低カロリー食材を使用しながら、バランスのとれた栄養のある食事をきちんと3食食べることが基本です。

◇美肌成分が含まれているこんにゃく

夏に向かい、気温が高くなると、あまり保湿ケアをしなくても大丈夫だと思っていませんか?
肌は汗をかくと、ふやけたようになります。そして、肌表面の角質層は水分を吸い、角質層が剥がれやすくなります。
このような状態になると、角質層にあるセラミドと天然保湿成分が、汗と一緒に流れ出します。
セラミドは、細胞と細胞の間を水分と脂質で埋めて、外からの刺激に対してバリア機能の役割をしています。細胞がレンガだとすると、セラミドはレンガ同士をくっつけるコンクリート。コンクリートを失ったレンガが崩れやすいように、角質層が乱れた肌は、保湿力と潤いを保つ力が低下します。
そして、肌が保湿力を失い、冷房などで乾燥、ハリを失うと肌がしぼんだような「肌やせ」が起こりやすくなります。
肌やせの時に下を向きながら、スマホを操作していると、首にしわができやすく、頬が下がるのでたるみにつながると言われています。所謂「スマホだるみ」です。
気になる時は、外側からは保湿成分が含まれている化粧品でしっかりケアを!また、内側からはセラミドが含まれている食品を摂りましょう。意外かも知れませんが、生芋コンニャクには、セラミドが含まれています。
※原材料にこんにゃく粉と表記されているものはには、セラミドが含まれていません。

◇低カロリーでヘルシーなデザート~こんにゃくのわらび餅風

こんにゃくと言えば、煮物のイメージですが、デザートにも使える食材です。
こんにゃくのアクをぬき、メープルシロップに漬けて、きな粉をトッピングするだけの簡単レシピです。
原材料が、こんにゃく粉を使ったこんにゃくは、アクぬきが必要が無いですが、デザートにする際は、こんにゃく臭さを消すことがポイントです。

①こんにゃくは(小1枚)の表面に、竹串を使って1センチおきぐらいに、ぷすぷすと刺します。
※刺し過ぎると、崩れてしまうので注意してください。
②横に半分に切り、2センチ角くらいに切ります。
③ボールに入れて、砂糖を大さじ1杯かけて、よくもみこみます。
しばらくすると、こんにゃくから水分が出ます。水分は捨てます。
ボールに、こんにゃくとメープルシロップ大さじ2杯、水大さじ1杯を入れてよく混ぜ、冷蔵庫で3時間から一晩置きます。


器に盛り付け、上からきな粉をふります。

【監 修】

■フードディレクター・栄養士
藤原たかこ先生
オーガニック・健康食品会社にて商品企画開発・販売促進、料理教室を担当すると共にパン、デリカテッセンの商品開発、マクロビオティック、アンチエイジングレシピをユーザー向けに提供。コラム執筆、女性の美と健康をサポートするためのレシピ商品を使ったレシピなどを、雑誌・WEBマガジンに提供するなど活躍中。著書「"効く"レシピ」。

 関連記事一覧 AND MORE