栄養士監修、青汁や青汁を使ったレシピまでいろんな情報をお届け!

フルーツを使った青汁ドリンクレシピと青汁ボウル

本格的な梅雨が始まりました。
湿度が高く、天気の変化が激しい6月は、梅雨だる、梅雨バテなど、体調不良を感じる方が増えるそうです。
食欲も落ちる時期ですが、朝食はしっかりとりましょう!
熱中症予防のためにも、水分摂取は大切です。
今月は、豆乳とおからのうみゃあ青汁とフルーツを合わせたレシピ3品をご紹介します。

甘酒とパインアップルの青汁スムージー

甘酒の旬は夏です。
熱中症予防に、そして栄養補給、水分補給として昔から愛されてきた甘酒は、発酵食品の人気と共に、その良さが再度、見直されています。
そのままでも十分美味しい甘酒ですが、スムージーのベースとしてもオススメです。
甘酒に合わせたのは、パインアップル。
パインアップルの成分の中で注目されている成分が「ブロメライン」。
血流改善効果が期待されている成分です。

材料 1人分

◇甘酒 ・・・1缶(190g)
◇パインアップル・・・5カット(70g)
豆乳とおからのうみゃあ青汁・・・1袋

ミキサーかブレンダーで、材料をすべて攪拌させます。

1人分の栄養成分値

・エネルギー・・・167kcal
・たんぱく質・・・2.2g
・脂質・・・0.2g
・炭水化物 ・・・40.4g
食物繊維総量・・1.9g
糖質 ・・・38.6g
・塩分・・・0g

栄養計算は日本食品標準成分表2015年版(七訂)をもとに算出した目安量です。
材料の収穫時期、メーカーの違いなどにより、数値にばらつきがあります。

すいかと青汁ジュース

すいかの旬が始まりました。
すいかは9割近くが水分です。そして特徴的なのが、血流を良くし血管を強くする効果が期待されている、シトルリンというアミノ酸成分が含まれていることです。
梅雨時は、むくみを感じやすくなります。また、元気が出ないな、梅雨だる、梅雨バテかなと思ったら、是非すいかを!
そして、すいかの色は抗酸化成分のリコピンなので、美肌効果も期待できます。
すいかと青汁を合わせると、出来上がりは少しビックリする色ですが、すいかの甘さが爽やかなジュースです。

材料 1人分

◇すいか・・・6カット(180g)
◇水・・・50cc
豆乳とおからのうみゃあ青汁・・・1袋

ミキサーかブレンダーで、材料をすべて攪拌させます。

1人分の栄養成分値

・エネルギー・・・77kcal
・たんぱく質・・・1.4g
・脂質・・・0.3g
・炭水化物 ・・・19.4g
食物繊維総量・・1.3g
糖質 ・・・18.1g
・塩分・・・0g

栄養計算は日本食品標準成分表2015年版(七訂)をもとに算出した目安量です。
材料の収穫時期、メーカーの違いなどにより、数値にばらつきがあります

すもも(プラム)の青汁ボウル

6月から旬が始まる、すもも(プラム)。
適度な酸味と甘味が美味しいフルーツです。
一緒に合わせたのは、スーパーフードとして人気のゴジベリー(クコの実)。
ゴジベリーは、ビタミン、ミネラルが含まれている他、β-カロテン、眼に良いと言われているゼアキサンチン、ルテインが含まれています。
すもも(プラム)は、皮をむくのが面倒かも知れませんが、簡単に皮がむける方法をご紹介します。

材料 1人分

◇すもも(プラム)・・・3個
◇ギリシャヨーグルト・・・100g
豆乳とおからのうみゃあ青汁・・・1袋
◇ゴジベリー(クコの実)・・・適量

①熱湯を用意します。
すもも(プラム)は、上と下に包丁で、少し切れ目を入れます。
熱湯に、約10~15秒浸けて、直ぐにザル上げし、水に浸け、皮をむきます。
種を取り、あらくみじん切りにします。
②器に、1を入れ、ギリシャーヨーグルトと豆乳とおからのうみゃあ青汁を合わせたものをのせます。
上に、ゴジベリー(クコの実)をトッピングします。

1人分の栄養成分値

・エネルギー・・・150kcal
・たんぱく質・・・10.7g
・脂質・・・5.8g
・炭水化物 ・・・15.0g
食物繊維総量・・2.2g
糖質 ・・・12.8g
・塩分・・・0g

栄養計算は日本食品標準成分表2015年版(七訂)をもとに算出した目安量です。
材料の収穫時期、メーカーの違いなどにより、数値にばらつきがあります

【監 修】

■フードディレクター・栄養士
藤原たかこ先生
オーガニック・健康食品会社にて商品企画開発・販売促進、料理教室を担当すると共にパン、デリカテッセンの商品開発、マクロビオティック、アンチエイジングレシピをユーザー向けに提供。コラム執筆、女性の美と健康をサポートするためのレシピ商品を使ったレシピなどを、雑誌・WEBマガジンに提供するなど活躍中。著書「"効く"レシピ」。

 関連記事一覧 AND MORE