栄養士監修、青汁や青汁を使ったレシピまでいろんな情報をお届け!

青汁で栄養プラス!フィッシュアンドチップスFish and Chips Recipe

フィッシュアンドチップスは、イギリスを代表するローカルフード。
タラなどの白身魚をフライにし、フライドポテトを添えた料理です。
衣は、炭酸水と片栗粉を加えて、外はサクッと中はふんわり食感に。そして、『豆乳とおからのうみゃあ青汁』を加えて、彩りと栄養をプラスしました。

「子供の野菜嫌いを何とかしたい。どうやって食べさせよう・・」と悩んでいるのなら、『豆乳とおからのうみゃあ青汁』をフライの衣に使ってみてください。

『豆乳とおからのうみゃあ青汁」』は、粉末状になっているので、粉との相性も良くダマにならずに仕上がります。

『豆乳とおからのうみゃあ青汁』には、九州の大麦若葉、熊本の桑葉、宮崎のほうれん草、熊本の人参、宮崎の湯葉、おからが入っているので、知らないうちに、緑黄色野菜と大豆をパクパク食べられます!
ぜひ、ご活用ください。

<材料(2~3人分)>

・真鱈・・・200g
・塩・・・少々
・こしょう・・・少々

◇衣
・薄力粉・・・30g
・片栗粉・・・10g
豆乳とおからのうみゃあ青汁・・・1袋
・炭酸水・・・50cc
・ベーキングパウダー・・・小さじ1/4杯
・塩・・・少々
◇揚げ油(植物油)・・・適量

◇フライドポテト
・じゃがいも・・・1個

酢、塩、こしょう・・・適量

<作り方>

①まだらは食べやすい大きさに切ります。
塩を軽くふり、約10分置いた後、キッチンペーパーで水気をとります。

②じゃがいもは、良く洗い、皮つきのまま、くし型に切り、水にさらした後、ザルあげします。
キッチンペーパーで水気をしっかりとります。

③じゃがいもを揚げます。
鍋に油を注ぎます。2のじゃがいもを入れてから、強めの中火で加熱します。
じゃがいもがくっつかないように、時々かき混ぜます。
周りがうすい茶色になってきたら、強火にして皮の部分がカリッとなるまで揚げます。油を切った後、塩を軽くふります。

④ボウルに、衣の材料をすべて入れて、泡立て器でよく混ぜます。1の鱈に衣をつけて、3の揚げ油で揚げます。
※揚げる寸前で、衣を作るのが美味しくなるポイントです。高温の油でさくっと揚げてください。
器に盛り付け、上から塩をふります。

<ポイント>

白身魚のフライというと、タルタルソースですが、イギリスでは、MALT VINEGAR(モルトビネガー)をたっぷりかけて食べます。
お好みで、酢、塩、こしょうをかけて召し上がってください。

<1人分の栄養成分値>

・エネルギー・・・260kcal
・たんぱく質・・・13.6g
・脂質・・・12.2g
・炭水化物 ・・・22.2g
食物繊維総量・・1.6g
糖質 ・・・20.7g
・塩分・・・0.5g

※上記材料3人分の内の1人分

栄養計算は日本食品標準成分表2015年版(七訂)をもとに算出した目安量です。
材料の収穫時期、メーカーの違いなどにより、数値にばらつきがあります。

【監 修】

■フードディレクター・栄養士
藤原たかこ先生
オーガニック・健康食品会社にて商品企画開発・販売促進、料理教室を担当すると共にパン、デリカテッセンの商品開発、マクロビオティック、アンチエイジングレシピをユーザー向けに提供。コラム執筆、女性の美と健康をサポートするためのレシピ商品を使ったレシピなどを、雑誌・WEBマガジンに提供するなど活躍中。著書「"効く"レシピ」。

 関連記事一覧 AND MORE